WoT:Ver9.13:Tier5:軽戦車:イギリス:Crusader

いよいよもって本領発揮のイギリス軽戦車。

Tier4はクラス帯とするとやや性能は劣化気味だったが

Tier5~7が面白ければ個人的には成功ルート!

shot_062

近代戦車の面持ち。

これまでの血統を受け継ぎながらより洗練された

デザインの印象を受ける。

実に格好いい。

shot_063

後ろ側は傾斜装甲じゃない。

砲台が薄く血統譲りの傾斜装甲。

外観に相応しくよく弾を弾く。

shot_064

簡素になり完成度の高さが伺える。

特にこの斜め上からの眺めはお気に入り。

軽快性が増し、より充実した総合性能を感じさせる走り。

shot_065

これを見る限り背後からの攻撃は弱そうだ。

突進して走り抜ける操舵になるような印象。

記憶が曖昧だが前方は弾きやすいが側面以後はそうでもない。

shot_066

Tier5としては標準的な開発ルート。

問題は砲身の性能だ。

Tier3から使い続けた砲身を未だに使わなければいけない。

当面は修行期間がある。

とにかくこのクラス帯ではまず通らないので、

目線とりを意識。

shot_067

まだ開発が終わってないがQF6までいって

ようやく活躍が出来る戦車だろう。

威力は低いが高貫通力。

イギリス戦車シリーズは高貫通の低威力が基本で、

その王道をそのまま受け継いでいる。

重戦車だと正直いってキツイが軽戦車なら向いている。

発射間隔も短いので扱いやすい。

イギリス軽戦車は車台が大きいので当てやすい印象だが、

跳弾性能に優れている為に存外生存能力は高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.