WOT:SS劇場:ランク7の自走砲の威力とやらを以下略

数値上の戦いは五分五分。しかし作戦展開のバランスの良さではこっちが上かも。しかし万が一最短距離の防衛ラインに誰もいないことがバレ、一点突破されたら一環の終わり。そう思った最中、1台の戦車が気づいたのか単騎突入しくるような気配。木がなぎ倒されている!! 「あの位置は・・・ヤクパンか」  まさかの本陣防衛はシンガリの私だけ。気づかれたら逆転負けの可能性も出てきた。駆逐モードで相手にするにしてもあっちが上い。「来るか・・・来るか!」 と思ったところを・・・

ピコーン(私のS-51が敵をとらえた合図)

キタ━(゚∀゚)━!

「ただではヤラれんぞ!!」

一太刀でも浴びせ本陣急襲を少しでも遅らせねばと思い、

狙いを定めてー・・・・・

shot_748

命中w

ランク7にもなると当たる当たるw

私は1撃をくらいながらも狙いを定めて反撃が出来た。でも次はないわけで 「サラバ・・・皆後を頼む」 とヤクトパンサーを見て思っていたら、味方の反応が素晴らしかった。即座に後ろから軽戦車が急襲し。なんとヤクパンを追い払い、更に追撃が入り撃破!生還しましたわーw その後、キャンプにいる堅いことこの上ないアメリカの駆逐ランク9の T29 を私が大ダメージで始末。(アメリカの駆逐は自走砲の攻撃に滅法弱い) 味方の包囲陣が完成し、敵もかなりの粘りを見せたものの・・・勝利!!熱い、熱い、戦いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください