WoWs:公式:海の英雄: HMAS Diamantina

[動画] 海の英雄: HMAS Diamantina

https://worldofwarships.asia/ja/news/common/naval-legends-hmas-diamantina/

(ジュゲの感想)

戦時中の貴重な映像を踏まえたシリーズ。今回も見応え充分でした。こうしてゲームを通して結果的に歴史に触れたり当時の映像を見るというのは意義深さを感じます。それにしても毎度ながら凄い懲りようで、まるでゲームみたいに説明中の映像が極自然に赤く色彩変換したり、ナチュラルにCGで解説が入るのは実に手が込んでいる。何より分かり易い!音楽とバッチリ合わせてきてるし。

実物でしか感じ得ない巨大感、重量感。現物は大きい。今回の撮影の為にか、一部砲塔が旋回したり動いてますが、それだけで胸が踊ってしまう男の子がいます。驚いたことに当時の乗務員まで登場し、これに実際の映像が加わると臨場感が抜群です。大戦最後発ということもあり、様子が既に近代艦のそれに近い。(最も昨今の戦闘機や戦艦、戦車はノッペリとして一見すると玩具みたいなんだけど)

特に印象に残ったのが、本艦よりもUボートの映像。男たちが半裸で忙しなく動いている様やその楽しげですらある表情は凡そドイツ本国の戦車隊の顔とは全く異なる風体です。以前見た映画でも確かUボート隊と本国の陸側で仲の悪い描写があったような記憶が蘇ります。全く知らなかったのですが、この解説からすると基本的に独立で動いている部隊だからかなり自由だったんでしょうね~。後に群狼となり、双方連携して「狩る」ことになるようですが。

だから映画でもUボートって言ったら愚連隊って感じで、他の軍隊と明らかに雰囲気が違ったのか。私はあまり戦争ものは好きじゃないのですが何故かUボートものはソコソコ見ておりどれも印象に残ってます。名作のUボートもそうですがリメイクも見ましたから。

個人的には海が凄い怖いので海洋ものなんて観たくないわけですよw(海猿ですら)子供の頃に軽く溺れかけたことが2、3度あり、あれでもう恐ろしくなりましたね。潮目が変わった時の海は本当に恐ろしかった。どんどん遠洋に流される恐怖。ましてや潜水艦ものの恐怖ったら無いじゃないですか。だから私は空戦の方が好きなんですが、どうしてか最も怖いはずの潜水艦ものは観ちゃうんですよ。K-19なんかも何度観たことか。

それにしても当時の最新型である本艦のソナーですら140m程度しか届かなかったとは!!全く知らなんだ。だって映画とかで見ると数キロ先に届いているような雰囲気じゃないですか。100m程度あるフリゲート艦で140m先っていったら目の鼻の先じゃない。ヒー(;´∀`) 魚雷の出す泡だけで判断とかニュータイプじゃないと無理でしょ。人が活躍した時代なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA