WoT:公式:Sandbox テストサーバー実装予定

公式:Sandbox テストサーバー

http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/21/sandbox/

戦車長の皆さん!

先日、車輌のバランス調整をテストする新しいテストサーバー 「Sandbox」 を 新たにローンチ することを発表いたしました。この 「Sandbox」 テストサーバーは間もなく開始いたします!
このサーバーでは変更点に対する皆さんの意見を素早くまとめることを目的とし、プレイヤーの皆さんが今後のアップデート内容により影響を与えられるようになります。

「Sandbox」 とは

「Sandbox」 はプレイヤーと開発者が共同して World of Tanks のバランス調整を行う独立したテストサーバーです。
現在準備中の 「Sandbox」 の調整詳細はまだ発表できませんが、自走砲などの車輌にまったく新たな役割が与えられる予定です。

(ジュゲ)

WoT凄いなぁ。就職して収益体制を調べたい!嘗ては当たり前のようにあったオンラインゲームでのテストサーバー。現在はほとんど見られない、あっても機能していません。そこでテストサーバーそのものを設けないゲームも増え、プレイヤー側と運営側で求めるものの乖離が決定的になっているように思えます。そのご時世に、既にかなり完成された状態にも関わらずテストサーバーを設け新たなバランス調整や新モードのテストをやるというのは、それが出来るだけの収益体制が整っていることに他ならないことに思えます。企業というのは素直なので、お金が無ければ何もやらないものです。気になるなぁ~。ヽ(´エ`)ノ

しかも驚いたことにテストサーバーには参加権利が必要で、それは誰しもが得られるわけではないという点です。通常こうしたテストサーバーは任意で挙句に幽霊が多く、最も標準的にゲームを楽しんでいるプレイヤーほど参加しないものです。(テストサーバーの結果は本サーバーのアカウントに反映されない為)資格を設けるのは選定する時間や手間や伴う対応等でコストがかかります。ただ嘗てのテストサーバーがそうであったように幽霊部員が幾らいてもサーバーの存在そのものが意味がなく、これは同時に運営側にも言えることで、本当にテストする気が無ければサーバーの存在そのものが無意味。残念ながら嘗てのテストサーバーはほとんど負荷テストやバグフィックスに活かされる程度のもので、ゲームバランスや新コンテンツの問題そのものを取り除くことには機能しませんでした。

このテストサーバーを有効に活用することが叶えば、WoTは更なる飛躍を遂げる可能性があります。ここで成功を納めれば嘗てから言われていたテストサーバーの重要性が再認識され、収益の叶っているオンラインゲームへの影響は幾ばくかでもあるように考えられます。メーカーとプレイヤーの乖離が進んだ昨今のゲームが、コレを期にWin-Winの関係に再び揺り返しがあることを期待したいところです。

Sandbox テストサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA