WoT:Ver9.10:自走砲:Tier3:イギリス:SextonⅡ

イギリスの自走砲でTier3

shot_022

いきりな近代的な面持ち。

このクラスの自走砲としては仕上がり具合が他国とは違う。

機動力はないが既に自走砲らしい

一発の重さをもち決定力がある。

なるほどシバシバ猛威を振るう理由が乗ってみるとわかる。

shot_025

さすがの工業先進国。

このバックショットにも大した古さを感じさせない。

shot_023

側面

形状の安定感もいい。

形=技術の体現なので

その裏打ちが垣間見える。

shot_024

斜め上からみると

シンメトリーに近い構造であることが伺える。

なんだろう・・・美を感じる。

shot_026

開発ルート。

通信機は最高グレードが購入可能。

履帯、エンジン、改良砲身。

出来れば改良砲身を先にいきたいけど、

重量的にはどうなんだろう?

shot_027

弾代はまだまだ安い。

自分はTier3では消耗品をつけないことが多いが、

自走砲は生き延びることも少なくないので装備しておく。

shot_028

風格ある面持ち。

いざ初陣!

shot_029

うん、安定感ある性能だ。

ただ、足回りが弱いので初期ポジションに失敗すると

何も出来ないで終わってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください