WOT:SS劇場:敵地奥深くで強弁をふるう

blog_shot_037

味方と敵の屍を盾に沈むギリギリのラインで役目を遂行。

軽戦車の動向は戦局を転覆させうる潜在的役割があるに思う。この時は2台でいち早く敵の最深部に潜入。近づく敵を味方が仕留めるという連携。敵がもし放置すれば敵戦車の位置を送り続けられ続けるし場合によっては占領さえも許してしまう。しかし処理にいけば誰かがやられる。このジレンマの中、1車両が突撃して共に大破するも勝利した。

目線の仕様変わった)

そういえばVer9.0になってから目線の仕様が変わったように思う。通りづらくなった。以前はだいたいの方向性を向いていれば発見できたのだが、かなり正確に見てないと発見できないことが多くなった。いきなり移動中の重戦車が目の前に大群で現れたりしてぎょっとすることが増えた。今のところプレイしていていいとも悪いとも感じないが。慣れるとこの仕様の方がいいのかもしれない。今まで地獄猫系が有利すぎた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください