WOT:SS劇場:キャンパーの末路

shot_012

この瞬間の軽戦車や中戦車の生き生きとした表情ったらない!

出来るだけこうなる前に味方の元へ馳せ参じたい

最低2台、出来れば3台 まとまって行動したいものです。

WOT:SS劇場:キャンパーの末路” への0件のフィードバック

  1. ただねーヤクトティーガー乗りから言わせてもらうと、ヤク虎は足が遅いので前線に間に合わない、正面装甲はともかく側面は柔らかい、頼みの正面装甲とて厚いのは戦闘室正面だけで車体部分はティーガーⅡ同様80mmしか装甲厚がないから移動中などでうかつに車体下部をさらすとバスバス撃ち抜かれる、冗談としか思えないほど低い隠蔽率のせいで、到着するはるか手前で発見されて自走砲のマトにされる、等の理由である程度イモらないと生きていけないの・・・しかも画像のヤク虎は課金戦車Verの88mm砲型なんで、Tierに対して明らかに火力不足なんだよね・・・課金戦車は装備は固定で砲の換装もできんし・・・。

    1. あ、コイツかなり足遅いん、30キロ辺り?だとしたら話は別かな。動こうとする時は既に崩壊していて間に合わないことが多いし。
      S-51で思ったけど、足の遅い戦車は前線の崩壊具合を速い段階で察して先回りして移動するぐらいじゃないと対応出来ないね。

      この戦車、もの凄い堅い時とそうでない時の印象があったけど、その差だったわけかー・・今度狙う時の参考になったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA