WOT:SS劇場:一寸の虫にも五分の魂

1/5はようやく一息つけました。久しぶりにオンライン。ゲッター氏と久しぶりにプレイしクタクタなので90分ほどで早々にオフ。やっぱりWOTはいいね!時代にマッチしている。ちゃっちゃと遊んで短時間でもそれなりの満足感がある。クレジットを溜める為にもっぱらドイツ赤で猫三昧。キャンペーン中にTiger2を買いたいのです!

この手のゲームは上手な人には本当に勝てない。課金装備で負け、リアルスキルで負け、でもそれが現実。と、こ、ろ、が、WOTでは通用しない。どんなに砲撃力がある戦車でも、どんなに堅い戦車でも、アイテムガンガン積んでても、味方と連携しなければ単なる鉄くず。そこがイイ!!舐めてかかるとエライ目に合います。

まさかの自走砲)shot_717

勝ちは確定の戦場。とはいえSU-100(私)の体力は80。レーダーを見て自走砲が逃げてくるのが見えた。しかしたった今撃ったばかりで再装填が間に合わない。「ええい、ままよ!」と正面切って突撃すると相手も装填中らしい。これはチャンスと思ったが、逃げると思った相手が逃げることなく迎え討ってきた。

「自走砲ごときが駆逐を正面から迎えるとは愚かなり!!」

もちろん私は生還するとは思っていない。自爆の相打ちで仕留めようという腹だったが・・蓋を開けてみたら、自爆したのは私だけwww 侮っていたのは私だったようでw G.W.Panther の装甲と体力だったら体力MAXでも絶対相打ちと思っていましたが予想外に半分残ってました。ま、後ろを追いかけてきた軽戦車がとどめ刺しましたけどね。こんなことなら装填終わってから撃つべきでした。舐めてましたねー。

ランク7駆逐 vs ランク6軽戦車)

勝ちの流れで@1台駆逐残。十中八九芋組。面倒臭いのは嫌いなので占領しちゃう方なのですが、占領中に味方の車両が突如大破!見逃してやろうと思っていたところの急襲だったので「ダ○カンこのやろう」ということで出撃。位置から射撃方向を推測して行くとピコーンと発見。まずは味方に報告し出会い頭だったのでまず回避。線路を越えぐるっと回って後ろをとる。そこからの軽戦車名物のハラホロヒレハレをかまし・・・撃破!1つ下の軽戦車だからといって駆逐からしたら天敵。

shot_008

一寸の12tにも五分の火力)

負け確定の流れ。味方が自由に戦いすぎて凄い勢いで溶ける溶ける。しかも撃破0とかw 仕方ないので索敵よりも個人の戦績重視にシフト。まずは自陣でキャンプしている自走砲のM44を撃沈。すると報復攻撃とばかりに同型の12tがやって来た。一旦は後退し、有利な地形で待ちぶせする。先制攻撃からのハラホロヒレハレで撃破!!直後に背中からズドンで私も大破したが完敗は免れた。

shot_007

お前さん、よくやったぜ。

shot_006

お前もな。

猫を狩るバッタ)

私は個人的にフランスの軽戦車をバッタと呼んでいるのですが、バッタが猫を狩ってやりました!!猫を必殺のハラホロヒレハレで始末。とかく味方すら無視した無粋なプレイヤーが多い猫なので撃破した爽快感は大きかった。本職の機動力と旋回能力は猫の上を凌ぐ。また自動装填装置のお陰でもある。

shot_696

後頭部をドーン!)

自車両より+3ランクの戦場に放り込まれた重戦車ほど哀れなものはない。単なる動く的。駆逐も厳しい。ところが軽戦車や中戦車は索敵で活躍出来るし、貫通出来る距離や場所まで近づくことも不可能ではない。硬さに定評があったランク9の重戦車E75もVer8.9から正面以外は結構柔らかくなった印象。背面をとって近距離ならランク6の軽戦車12tでもそこそこ通る。突出しすぎたE75が四方八方から銃撃。私も背面からガンガン。このゲームでは味方こそ盾であり矛。油断大敵。

shot_690

後頭部を近距離からドーンドーンドーーーン!で撃破w

shot_691

撃破ポイントをいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください