WOT:初見感想:ソ連:重戦車:KV-1S(ver9.4のKV-85)

購入後ちょこっとプレイした際の感想です。

似た特性の戦車は特にいらないなーと思っているのでT-150あるし、いらないかなと思ったのですが製造しました。というのも、ランク6,7ぐらいの中戦車が1台あってもいいかなーなぞと思ったからですが、ツリーを見てみるとKV-1Sの分岐ツリーにいるじゃないですかKV-13が。その為に開発しました。

shot_613

開発は済んでましたので購入です!

shot_614

何気に製造数からすると名戦車だったんですね。

shot_615

車体ベースはKV-1ですがT-150と違い雰囲気が変わります。

初見感想)

なるほど!これは面白い戦車ですなw 人気があるわけです。私は既にKV-3まで開発してますので色々楽です。パーツがかなりの部分で共通なので、エンジン、通信設備は初っ端から買うだけで最高装備。砲身も最高砲が開発済です。ただ、こっちは履帯>砲塔と開発しないと装備は出来ません。

この戦車、のっけから122mm砲が積めるのは大きい。SU-85の記事で書いたように、これがあると格下相手以外では大活躍は出来ないもののどのランクにほおりこまれようとそつなくこなすことが出来ます。

shot_617

とにかく足が軽快!傍で見てて重戦車なのに足速いなーとは思ってましたが、重装甲ルートから来ると尚更実感します。どうやら同ランクの中戦車と大差ないようですね。履帯も標準で転回が軽快です。撃たれた感じは想像通りの薄装甲でした。ざっくり3,4発ぐらいで爆散しちゃう感じです。その辺も中戦車っぽい。だから集中砲火もらったら脆い。T-150を乗っていた身としては「弱いなーw」って感じです。

KV-1S は、中戦車のような軽快さに加え、重戦車としてクラス最高の砲撃力をもっているので、この時点で私の中で名戦車確定ですwww 重戦車らしさで言えばT-150ですが、この手のゲームでは 速度=ライフ と言われるほど速度は極めて重要なので(KV-3乗っててしみじみ実感します) その点でも優れた戦車ですね。重装甲タイプのような戦い方は出来ませんが、中戦車のようなヒット&アウェイ!自称コソコソプレイ!がはまると恐ろしい戦車に思います。もう、ランク6はコレで中戦車いらないや。ランク7はKV-13で。

ここんところ足が遅い戦車ばかり乗っていたので久しぶりに軽快な戦車に乗ると 「ヒャッホーイ!」って感じになりました。ええ、出すぎて爆散しますがねw 戦車の特性を把握して動かないと。

WOT:初見感想:ソ連:重戦車:KV-1S(ver9.4のKV-85)” への0件のフィードバック

  1. ブログ情報でしかわからないけど、このゲームはどことなくキャラゲーとして捕らえるならPSOや信onみたいにぱっぱと変えれるところがありますねー。
    どうりでドーラ氏がハマるのも分かる気がするw

    1. なるほど!言われて納得する。

      この手のゲームは機体やキャラって普通はハードルが高いのが多いけど、このゲームはガレージさえあればホイホイ替えられる。確かに!!

      同じ外観や特性だと飽きるんだよね。気に入るとやり込むんだけど。それがココではKV-2か。思い返すと信OnでもPSO2でも全JOB経験済やった。奥が深いとモンハンみたいにかなり長くやるんだけど、あれもアバターをホイホイ替えてたし武器も替えてたな。

      なーるほどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください