WOT:SS劇場:心理と偶然

シーン1:仁王像)shot_579

T1 仁王像かwww

このルートは橋側で戦闘すると相当な物量がない限り出迎える側は全滅する。この時、攻める側は少ない数での突入だったがうまく交互に攻撃し物量に優る敵を殲滅に成功、本陣へと凱旋。すると、まるでT1が出迎える形で息絶えた。俺が撃ったんだけどさw

シーン2:余所見)

shot_580

押しくらまんじゅう押されて泣くな!

余所見をしているM6。(初動大概こういうのいるw) それを避けて右へ右へと行く私SU-85だったが、いよいよ右側はエリア限界ラインに。なのにM6はどんどん右へよってくる。そこへわざわざ間に入ろうとするVKがwww

「ちょw お前ら何考えているんだよ・・・ちょw やめ、やめーて!!w」

無理矢理入ろうとするVK、余所見をしてどんどん幅寄せするM6。遂にはVKが浮き上がる事態に。

「子供か!!wwww」

シーン3:投了)

shot_567

もー遊ぶしかないw

敵の主力はランク10。私はランク7のTiger。この時点でオワタw せめて味方の目になろうと重戦車のくせに索敵していたのだが、味方の初動がまるで鈍い。辛うじて来てくれた少ない車両で要の防衛をするもメインランクの戦車がことごとく大破していく。こちとらHEで5ダメージとかwww 「えーい突撃だー!」と思ったが2発で爆散するのだった。

シーン4:譲り合い)

shot_577

戦闘結果しかない。初動味方が丘に集中し過ぎ「何やってんの!弾幕うすいよ」ってブライトさんの心境だったが、数少ない味方で上手に立ち回り@一歩で占領されるところを持ちこたえる。誰もいかないのでKV2でサークルに突入し仕留めた。その様子を察したのか援軍が来てくれたお陰で一気に流れはこちらに。そして最後の1台。「探すの面倒だからこのまま占領しちまうか」と思い、ふと戦績を見るとTigerが奇跡的にも5台撃破している。6台いけばトップガンの称号が貰える。Tigerでトップガンなんてまーない。しかも最後の1台は自走砲だ。同じTiger持ちとして胸熱に。私は単独でほぼ占領しかけていたサークルを出て 「Tiger go!」と言った。Tigerの体力は気づくと1ミリ。味方も阿吽で理解したのか追い込み漁状態に。一人の外人さんが「Tiger急げ!ヤツを仕留めて栄光とクレジットをその手にするんだ!」(英語) となんか超盛り上がっているwww 足の速い自走砲で逃げまくっていたが最後は見事仕留めた。

WOT:SS劇場:心理と偶然” への0件のフィードバック

シューニャ・アサンガ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください